メインイメージ画像

派遣会社への登録

何よりも先に、派遣先を決めていただく準備として派遣会社に登録をすることは必須です。登録はオリエンテーションを意味しますしその後、お仕事に行くまでに時々行かなければなりませんから、近場に行ったほうが後々楽でしょう。その日に登録カードに仕事の能力を記録しますので、準備しておきましょう。面接でみなさんのリクエストを分かりやすく伝えられるように用意しておきましょう。その時登録した技術や一般常識のスキルテストを実施する会社も多いです。

その日は自分自身の勤めたい派遣会社かどうか考える時でもありますし、さらに、会社との面接のような気合で準備しましょう。

もし派遣社員として従事する際派遣先と派遣会社と様々なトラブルが起こりえます。シンプルに直接雇用の2倍ですね。派遣会社のことは事前に、規定・条件を全部見ましょう。複数の会社を指示されて打ち合わせに行きますが、その過程でも内容等分からないことがあれば質問しましょう。

派遣先が教えられたら、就業期間・内容等誤解がないよう気をつけましょう。でも、現場から見ると一に社員、二に派遣社員ですから、契約外のことでイメージ通りでないことは起こりえますが、都度働きましょう。

通常雇用契約は派遣元と締結しますが、勤務内容は勤務先に倣うことになっています。更新に関しては、何もかも派遣会社を通しての話になります。

通常の勤務の指示は派遣先に任せて任せられていますので、考えていた仕事と何かの間違いもあるかもしれませんが、フレキシブルに話しましょう。契約の変更などは予め派遣会社の人に話したほうがスムーズです。加えて特定派遣制度では仕事先との約束が完了しても、派遣会社とのコントラクトは続いています。

更新情報